バルサミコ酢

バルサミコ酢は果実酢の一種で、原料がブドウの果汁であることと、樽で長期間熟成させることが特徴です。
 バルサミコ酢はイタリア北部のモデナ地区とレッジョ・エミリア地区で11世紀ごろから造られています。ブドウ果汁を煮詰めたものを樽に詰めて自然に発酵・熟成させ、伝統的なものは12年以上も熟成させると言われています。自然に水分が蒸発して濃縮されていき、最終的には100kgのブドウから1〜2kgのバルサミコ酢しかとることができないのだそう。

 イタリア語で「誇り高き酢」と呼ばれ、イタリアの貴族の家宝として大切に受け継がれてきたバルサミコ酢は、芳醇な香りと濃厚な味わいで美食の国イタリアが誇る伝統的な高級調味料となっています。

 今までバルサミコ酢を使ったことがないといわれる方も、ぜひ一度お試しください!

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0